RPA

UiPath expo で講演する企業のAI、RPA関連製品を調べてみた

2019年7月20日

 

イベントっていいですよね!

今話題になっているものや、企業が紹介したいものが集まっているのですから、
これはもう情報という宝の山!!⭐️

漁るしかない( ・'ω'・)-3

 

さて、なんでこんなこと言いだしたかというと、
2019年7月30日に「UiPath expo」が渋谷で開催されます。

UiPath社主催ということは、今後UiPathと連携する可能性のある製品や
今話題のものが詰まっているに決まっています!!

 

残念ながら招待コードがないので私は参加はできませんが...

 

そんなこんなで興味があったので、
講演する企業様がどのような製品を開発しているのか、気になって調べてみました〜!

 

 

UiPath expoについて

初UiPath社主催のRPA×AIの製品が集まるイベント

 

GoogleやIBM、Microsoftといった有名企業から、
OCRで耳にするABBYYやシナモンも参加されます。

 

日時:2019年7月30日(火)
10:00-18:00(会場は9:00)

会場:「ベルサール 渋谷ガーデン」
(東京都渋谷区南平台町16-17 住友不動産渋谷ガーデンタワー B1F)

<参考サイト>
UiPath expo 公式サイト

 

講演する企業について

Google Cloud

講演内容:Intelligent Automation for the AI era

皆さんご存知のGoogleです!

GoogleさんはクラウドだったりOCRの他にも多くの機能が存在します。

 

多すぎるので省きます!!!笑

 

 

日本アイ・ビー・エム株式会社

講演内容:WatsonとUiPathで新しい顧客体験を

会社について

会社名:日本IBM

設立:1937年

代表取締役社長CEO:山口明夫

 

AI、RPA関連製品

Watson

IBMが開発した質問応答、意思決定支援システム

 

2006年に開発開始し、

UiPath v2018.2以降は非推奨であるが、「IBM Watson Text Analysis」というアクティビティも存在したとのこと、

 

 

IBM Watsonを活用し、物語の構成、感情の動きを解析して視覚化する「story AI」を開発。

 

導入事例

・ソフトバンク

 

参考サイト

日本IBM

 

株式会社aiforce solutions

講演内容:AI Transformation (AIX)とは?!~内製化で実現するAIとの新しい働き方〜

会社について

会社名:株式会社aiforce solutions

設立:2018年

代表取締役社長CEO:西川智章

 

AI、RPA関連製品

AMATERAS

データサイエンティストの業務を代替えする自動分析ツール

CSVなどの資料を読み込ませることで機会学習によるデータ分析を自動実行でき、
簡単にモックアップの元になるAIの学習済みモデルを構築することが可能。

 

その他にも変数を指定、グラフスタイルを指定などから分析を行うことで

データを可視化することがでで、ユーザーの気づきを促すことに役立つとのこと!

 

インフラ設備、機会設備、産業用ロボットなどからデータを収集することで、

将来の故障と機会部品の寿命を予測することが可能

 

他企業よりも費用が安く、短期間での分析が可能。

 

2018年11月26日に提供開始した「AMATERAS AI+BI」については、財経新聞を参照してください

当日は実際に実装している事例を紹介してくださるとのこと。

導入事例

・サーティーワンアイスクリーム:商品毎、旬毎の出荷割合予測業務の内製化を支援

 

参考サイト

株式会社aiforce solutions

財経新聞

 

株式会社BEDORE

講演内容:自然言語処理×RPAで、未来のソフトウェアを形にする

会社について

会社名:株式会社BEDORE

設立:2018年

代表者:下村 勇介

 

AI、RPA関連製品

Conversation

ものっそい優秀な対話エンジン。

 

導入事例

・三井不動産

・JCB

・三菱UFJニコス

 

 

 

参考サイト

株式会社BEDORE

 

Petuum, Inc.

講演内容:How you can add AI solutions to your RPA workflow

会社について

会社名:株式会社aiforce solutions

設立:2018年

代表取締役社長CEO:西川智章

 

AI、RPA関連製品

AMATERAS

データサイエンティストの業務を代替えする自動分析ツール

 

数クリックで機会学習によるデータ分析を自動実行でき、簡単にモックアップの元になるAIの学習済みモデルを構築することが可能。

 

データ(CSV等)を読み込み、変数を指定、グラフスタイルを指定することで分析ができ、

データを可視化することでユーザーの気づきを促す。

 

インフラ設備、機会設備、産業用ロボットなどからデータを収集することで、

将来の故障と機会部品の寿命を予測することが可能

 

他企業よりも費用が安く、短期間で分析ができるとのこと。

 

2018年11月26日に提供開始した「AMATERAS AI+BI」については、財経新聞を参照

 

 

参考サイト

株式会社aiforce solutions

財経新聞

 

 

まとめ

ここ数年に設立した会社もありましたね。

UiPath社主催のイベントに参加するということは、やはり今ホットな製品だったり、
以前のIBMのように、いずれUiPathのActivityができるのかもしれませんね。

 

また、OCRや自動学習といったものばかりRPAに関連していると思っていましたが、

音声系も発展していて、確かにそれがあれば開発の幅は広がるなと感じました。

 

今後が楽しみな会社様でした^^

-RPA

Copyright© キャンパスはそこら中に , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.